ブラプラ(BRAPLA)|ヒトとは違う結婚式・フォトウェディングを

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 結婚式・フォトウェディングの招待状
  4. 【知らなきゃ損!】WEB招待状のメリット・デメリットと注意点を解説

【知らなきゃ損!】WEB招待状のメリット・デメリットと注意点を解説

結婚式・フォトウェディングの招待状
【知らなきゃ損!】WEB招待状のメリット・デメリットと注意点を解説

さまざまなメリットがあることから、採用する人が増えているWEB招待状。

WEB招待状を採用するときは、メリットとデメリットの両方を知っておきましょう。

メリットとデメリットの両方を知っておくことで、WEB招待状の魅力を最大限に活用でき、結婚式準備の無駄な手間やコストを省くことができます。

この記事はこんな人にオススメ!
  • WEB招待状を採用しようと思っている
  • WEB招待状のメリット・デメリットを知りたい
  • WEB招待状を採用するときの注意点が知りたい

今回はこのような方に向けて、WEB招待状のメリット・デメリットと注意点を紹介します。

WEB招待状を採用しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

WEB招待状のメリット・デメリット

WEB招待状とは、紙の招待状のかわりに招待用のWEBページを作成し、そのURLを送るという新しい招待状のシステムのこと。

新郎新婦にとってもゲストにとってもメリットが多いため、採用するカップルが増えています。

メリット

WEB招待状のメリットは、以下の通りです。

WEB招待状のメリット
  • 簡単に作成できる
  • SNSやメッセージで簡単に送れる
  • 時間を短縮できる
  • ゲストが返信しやすい
  • 出欠管理が簡単
  • コストが安い
  • 招待状以外のサービスも充実

紙の招待状に比べてこんなにもメリットがあるため、採用する人が増えているのも納得できますね。

では、WEB招待状のメリットをひとつずつ詳しく見ていきましょう。

簡単に作成できる

まずは、簡単に作れること。

WEB招待状は、紙の招待状のように宛名を手書きしたり、封をして切手を貼ったりする必要がありません。

アカウントを作成してデザインテンプレートを選んだら、必要事項を入力するだけ。

スマホでも作れる手軽さは、WEB招待状の最大のメリットともいえるでしょう。

SNSやメッセージで簡単に送れる

WEB招待状は、招待したい相手にURLを送るだけでOK。

URLを送れるものだったら、基本的にどんな手段でも招待状を送れます。

紙の招待状の場合は宛名を書いて、郵便局に行って、送って…と、招待状を送るという行為だけでも手間がかかるもの。

WEB招待状は紙の招待状に比べ、圧倒的に簡単に送れるのです。

時間を短縮できる

先ほども紹介したように、WEB招待状は簡単に作れることがメリットのひとつ。

簡単に作れるので、紙の招待状に比べて時間を短縮できます。

特に、結婚式準備は時間のない中でおこなうため、できるだけ時間を短縮したいもの。

ですが、特別なイベントなので手は抜きたくないですよね。

WEB招待状は、手抜きにはなりませんが時間を短縮することが可能です。

このことからもわかる通り、結婚式準備で忙しいカップルからも、WEB招待状は選ばれています。

ゲストが返信しやすい

WEB招待状は、ゲストにとってもメリットがあります。

それは、返信しやすいということ。

紙の招待状の場合、ゲストも返信はがきを手書きする必要があります。

この場合、マナーを気にしながら失敗しないように書くことが、ゲストにとっては負担になってしまうのです。

WEB招待状の場合は、必要事項をWEB上で入力するだけでOK。

ゲストに返信はがきを提出するという手間をかけたくないという理由で、WEB招待状を選ぶカップルも増えています。

出欠管理が簡単

WEB招待状は、出欠管理が簡単なこともメリットのひとつです。

WEB招待状ならゲストからの返信を一括で管理し、WEB上で出欠管理が簡単におこなえます。

紙の招待状の場合、出欠管理は案外手間取るもの。

出欠管理が簡単ということは、先ほど紹介した「時間を短縮できる」ことにも繋がりますね。

コストが安い

紙の招待状は、1通あたり300〜400円が相場。

これに対してWEB招待状は、無料で作成できるサイトが多数あるため、価格をグッと抑えられます。

招待状に関してなるべく節約したいという理由で、コストが安いWEB招待状を選ぶ方も増えています!

招待状以外の付帯サービスも充実

WEB招待状サービスには、事前決済機能や出欠確認機能、お礼状機能など、招待状以外の機能が付いていることもあります。

この付帯サービスも、WEB招待状のメリットのひとつ。

付帯サービスの使いやすさで、どのWEB招待状を使うのかを選ぶのも良いと思います。

デメリット

メリットが多い一方で、デメリットがあるのも事実。

WEB招待状を採用するときは、メリットとデメリットの両方を知っておきましょう。

メリットとデメリットの両方を知っておくと、デメリットへの対処ができるのでおすすめです。

WEB招待状のデメリットは、以下の通りです。

WEB招待状のデメリット
  • 失礼かどうかが気になる
  • 招待状が手元に残らない
  • 操作に慣れていない人などは返信しにくい
  • 手数料が発生するサービスも多い

では、WEB招待状のメリットをひとつずつ詳しく見ていきましょう。

失礼かどうかが気になる

WEB招待状は、まだまだ新しい招待状の形。

特に、目上の人や年上の人に送る場合、失礼かどうか気になるという方も多いのではないでしょうか。

WEB招待状も正式な招待状であることに変わりないので、失礼にはあたりません。

  • ブラ美

    どうしても気になる場合や、紙の招待状のほうが喜ばれそうな場合などは、紙の招待状とWEB招待状をゲストによって送り分けるのもおすすめです。

招待状が手元に残らない

招待状が手元に残らないというのは新郎新婦側とゲスト側、どちらにもいえるデメリット。

招待状を手元に残しておきたいと考えている方にとっては、招待状が手元に残らないことがデメリットになります。

中には期間が過ぎると見られなくなってしまうサービスもあるため、基本的に形として残すことは難しいことは覚えておきましょう。

操作に慣れていない人などは返信しにくい

ゲストの中には、スマートフォンを持っていなかったりWEBに疎かったりして、WEB招待状の返信がしにくいという方がいるかもしれません。

そのような場合も、紙の招待状とWEB招待状をゲストによって送り分けるのがおすすめです。

WEB招待状の返信が難しい方に、無理してWEB招待状を送る必要はありません。

手数料が発生するサービスも多い

WEB招待状サービスは、使い進めていくうちに「決済手数料」のように別途手数料がかかる場合があります。

無料WEB招待状サービスであっても手数料が発生することもあるので、しっかりと調べておきましょう。

WEB招待状を使用する際の注意点

WEB招待状を使用するときは、以下のポイントに気を付けましょう。

使用する際の注意点
  • WEB招待状を送る部数
  • デザインのイメージ(テンプレートの種類)
  • WEB招待状以外の機能(事前決済・出欠確認など)

これらに気を付けてWEB招待状を選ぶだけで、失敗を減らせます。

以下の記事で、失敗談を交えながらWEB招待状の注意点を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

WEB招待状の料金について

WEB招待状には、無料のものと有料のものがあります。

それぞれに特徴があり、メリット・デメリットも異なります。

以下の記事で料金別にWEB招待状を解説しているので、料金について気になる方はチェックしてくださいね。

紙の招待状との併用もおすすめ!

WEB招待状を使いたい方に紹介したいのが、WEB招待状と紙の招待状を使い分ける方法。

結婚式の招待状は、WEB招待状と紙の招待状のどちらかだけを使わなければならない、というわけではありません。

WEB招待状を採用する場合は、紙の招待状との併用もおすすめです。

WEB招待状と紙の招待状の使い分け方は、以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめの無料WEB招待状サービス

数ある無料WEB招待状サービスの中で、おすすめは「ブラプラ」。

ブラプラのWEB招待状の最大の特徴は、完全無料ですべてのサービスが受けられること。

利用期間に制限を設けていないので、挙式後もサービスを使い続けられることも嬉しいポイントです。

以下の記事で、おすすめの無料WEB招待状サービスをまとめているので、どのWEB招待状サービスを使おうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、WEB招待状のメリット・デメリットと注意点を紹介しました。

メリット・デメリットの両面を確認して、スムーズな結婚式準備に役立てましょう。

WEB招待状はこんな人におすすめ
  • なるべく安くコストを抑えたい
  • なるべく短時間で簡単に作りたい
  • ゲストが返信はがきを書く手間を減らしたい

WEB招待状は、こんな人におすすめです。

メリットがたくさんのWEB招待状、ぜひ採用してみてくださいね。