ウェディングチーム結成と写真・フォトで理想の結婚式を探すなら BRAPLA【ブラプラ

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 演出
  4. プロポーズなしだったカップルに結婚式でおすすめの演出5選

プロポーズなしだったカップルに結婚式でおすすめの演出5選

結婚の準備が始まってもプロポーズがなく、結婚式まで進んでしまうというカップルは案外たくさんいらっしゃいます。

そんな方たちの多くは、プロポーズのタイミングを失ってしまったのではないでしょうか?

「プロポーズされるのが夢だった。」
「どんな形でも、ちゃんとプロポーズしてほしい。」

このように、プロポーズに夢を見ている方は多く、中にはいつになってもプロポーズを待っているという方も。

プロポーズのタイミングを逃してしまったという方は、思い切って結婚式の演出としてプロポーズしてみましょう。

結婚式の準備を始めてしまっていても遅くはありません。

今回は、プロポーズなしだったカップルに向けて、結婚式でおすすめのプロポーズ演出5選を紹介します。

プロポーズなしが心残りなカップルに向けて

プロポーズがなかったカップルには、さまざまな理由があると思います。

  • 授かり婚だった
  • 結婚を前提にしたお付き合いだった
  • 同棲していてなんとなく結婚の流れになった
  • 自然と結婚する流れになった
  • 周りが結婚の話を進めた

このすべてに共通するのが、【タイミングを逃してしまった】ということ。

「本当はプロポーズしたかった…」という方も、タイミングを逃してしまい、プロポーズすることなく結婚する流れになったのではないでしょうか。

このままプロポーズがなくても良いというカップルもいらっしゃると思いますが、プロポーズなしが心残りになっているカップルもいると思います。

現時点でプロポーズされていなくても、諦める必要はありません。

結婚式こそが、プロポーズの絶好のタイミングなのです。

結婚式でプロポーズの機会を作ろう!

先ほども紹介したように、結婚式はプロポーズの絶好のタイミング。

プロポーズがなかったカップルも、結婚式という特別な場でプロポーズの機会を作りましょう。

結婚式でプロポーズすると、以下のようなメリットがあります。

  • 証人(ゲスト)がたくさんいる
  • 写真として残せる
  • 結婚式がより一層特別な思い出になる

プロポーズなしが心残りのカップルは、思い切って結婚式の演出としてプロポーズを加えてみましょう。

結婚式におすすめのプロポーズ演出5選

では、どのように演出としてプロポーズを加えるのでしょうか?

結婚式でプロポーズをするときににおすすめの演出は、以下の通りです。

  • 結婚式の前にファーストミート&プロポーズ
  • 人前式の誓いの言葉に入れ込む
  • ダーズンローズセレモニー
  • 新郎から新婦への手紙
  • 前撮りでサプライズプロポーズ

ここからは、結婚式でプロポーズをするときにおすすめの演出5選を紹介します。

結婚式でプロポーズしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式の前にファーストミート&プロポーズ

ファーストミートとは、挙式の準備を整えた後にお互いの姿を見せあうセレモニーのこと。

新婦は新郎に内緒でドレスを選び、ドレスを着た姿をファーストミートで初めて新郎に見せます。

式場によっては、ファーストミートの様子をムービーに収めてくれたり、写真に収めてくれたりすることも。

このときに、プロポーズする演出を入れ込むことができます。

感動の場面を演出するためにも、プロポーズはサプライズでするのがおすすめ。

初めて見る新婦のドレス姿と新郎からのプロポーズのサプライズ、どちらにとっても嬉しい素敵な瞬間となるでしょう。

ファーストミート&プロポーズは、以下のような人におすすめです。

  • 人前でのプロポーズは恥ずかしいという方
  • 2人だけの空間でプロポーズしたい方
  • 結婚式が始まる前にプロポーズしたい方

人前式の誓いの言葉に入れ込む

人前式とは、ゲストの前で結婚の誓いを立て承認してもらう挙式のスタイル。

教会式や神前式では、誓いの言葉が決まっていますが、人前式の場合は誓いの言葉を自分たちで決められます。

この誓いの言葉の中に、プロポーズの言葉を入れ込むことが可能です。

人前式の誓いの言葉は、新郎だけで行うパターンとふたりで行うパターンがありますが、どちらにしても言葉の内容は当日まで秘密にしておきましょう。

挙式中のサプライズプロポーズは、神秘的で特別な思い出になるはずです。

人前式の誓いの言葉に入れ込むプロポーズは、以下のような人におすすめです。

  • ゲストを承認にしてプロポーズしたい方
  • 挙式の中にプロポーズを入れ込みたい方

ダーズンローズセレモニー

ダーズンローズセレモニーとは、古くからヨーロッパに伝わるプロポーズの演出のこと。ブーケセレモニーとも呼ばれます。

基本的なやり方は、以下の通りです。

  1. 12本のバラをあらかじめゲストに配る
  2. 新郎がゲストからバラを1本ずつ受け取る
  3. プロポーズの言葉と共にバラを贈る
  4. 新婦が12本のバラから1本選び、新郎の胸に挿す

これを、アレンジして挙式や披露宴に入れ込むことで、ロマンチックなプロポーズとなるでしょう。

ダーズンローズの12本のバラには、「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」と1本1本に意味があります。

このバラの花束を新婦に贈ることで、「12のことをすべてあなたに誓います」というプロポーズに。

とてもロマンチックですよね。

挙式の入場の時や、お色直し後の入場の時など、好きなときに演出が盛り込めるのも魅力です。

新婦にサプライズで行うと、感動的なプロポーズにもなります。

ダーズンローズセレモニーでのプロポーズは、以下のような人におすすめです。

  • プリンス、プリンセスのような気分でプロポーズしたいされたい方
  • 花嫁をお姫様にしてあげたい方
  • 人前でやるからこそ男気をみせたい方
  • ゲストを巻き込んだ演出がしたい方

新郎から新婦への手紙

結婚式で手紙と言えば、花嫁の手紙ですよね。

花嫁の手紙は、花嫁から両親に向けて今までの感謝の気持ちを伝える内容が一般的です。

しかし、今回おすすめしたいのは新郎から新婦への手紙。

手紙の中にプロポーズの言葉を入れ込むと、素敵なプロポーズになるでしょう。

結婚式では、必ず花嫁から両親に向けた手紙を書く必要はありません。

手紙を書かない方や、新郎新婦で手紙を書きあう方、お互いの両親に向けて手紙を書く方もいます。

新郎から新婦へ手紙でのプロポーズも、感動的なシーンになること間違いありません。

新郎から新婦へ手紙でのプロポーズは、以下のような人におすすめです。

  • 感動的なプロポーズを演出したい方
  • 言葉としてしっかりと伝えたい方

前撮りでサプライズプロポーズ 

「結婚式で大勢の前でプロポーズするのは恥ずかしい…」という方は、前撮りでサプライズプロポーズをするのがおすすめ。

前撮りでプロポーズする場合は、フォトグラファーにだけ事前に伝えておきましょう。

そうすることで、プロポーズの瞬間の写真や動画を、余すことなく撮影してくれます。

ここで撮影した動画や写真を、結婚式で使うのも良いと思います。

動画の場合は演出ムービーとして中座中に流したり、写真はウェルカムボードなどに使用することも可能です。

前撮りでサプライズプロポーズは、以下のような人におすすめです。

  • プロポーズを結婚式に入れ込むのは恥ずかしいという方
  • 写真や動画としてプロポーズを残したい方

オーダーメイドの結婚式ならおふたりの希望を実現できる

今回は、プロポーズがなしだったカップルに向け、結婚式でおすすめのプロポーズ演出5選を紹介しました。

結婚式の演出としてプロポーズを取り入れると、感動的で忘れられないものとなるでしょう。

オーダーメイドの結婚式なら、フリーランスのウェディングプランナーに相談するのがおすすめ。

フリーランスのウェディングプランナーなら、おふたりだけのオリジナルプランを提案してくれます。

演出としてプロポーズを入れ込みたいときにも、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

困ったときは、ぜひBRAPLAを活用してくださいね。

「素敵なプロポーズになりますように。」

BRAPLAはそんな気持ちでおふたりを応援しています!

フリープランナーを探すならBRAPLA

BRAPLAでは、数多くの花嫁さんたちを支えて一緒に結婚式を作ってきた、経験豊富なフリープランナーを紹介しています。

プロフィールやウェディングレポートを参考に、気になるプランナーさんを見つけたら、結婚式の悩みを気軽にチャットで相談してみましょう。

BRAPLAの使い方詳細はこちら

BRAPLAに掲載されているプランナーは事務局の審査を通過した人のみ。

うまく活用して、自分だけのお気に入りのプランナーを見つけてくださいね。

この記事をシェアしよう

レポート閲覧履歴

サプライヤー閲覧履歴