ウェディングチーム結成と写真・フォトで理想の結婚式を探すなら BRAPLA【ブラプラ

全国にいるウェディングのフリーランスと出会えるサイト

フォトウェディングは入籍前?入籍後?理想の撮影タイミングを解説!

一生に一度、おふたりの特別な時間を記録するフォトウェディング。年々撮影カップル数が増えているほど人気があるんです。

そんなフォトウェディングですが、入籍前でも後でも結婚式後でも、申し込みや撮影はいつでも可能です!
そもそもフォトウェディングは挙式をしない方、入籍をしない方でも申し込むことができます。

ただしプロポーズ後や入籍前後など撮影するタイミングによって、フォトウェディングの種類や呼び方が異なり、種類や撮影の目的によって最適な撮影タイミングが異なるので注意が必要!!

今回はフォトウェディングの種類とおふたりの理想の撮影タイミングを見つけるポイントを解説します。それだけではなく、フォトグラファーのおすすめな探し方についても詳しく丁寧に解説していきますね。

フォトウェディングの種類と撮影のタイミング

フォトウェディングとは結婚式をしないことを前提として、結婚式の代わりに行う撮影のことを言います。

フォトウェディングにはスタジオ撮影とロケーション撮影の2種類があります。

スタジオ撮影のタイミング

スタジオ撮影は、あらかじめセッティングされたスタジオで撮影をすること。
スタジオ撮影は天候などの影響を受けないため、撮影のタイミングはおふたりのスケジュールに合わせて決めましょう。

ロケーション撮影のタイミング

ロケーション撮影は海辺や街、お花畑や美術館などおふたりが希望する場所で撮影を行うことを言います。
撮影当日はフォトグラファーとカップル、そしてアテンドとしてヘアメイクやプランナーさんが同行し、撮影ツアーを行います。

「桜」「紅葉」「新緑」「ビーチ」などロケーション撮影の場合は、撮りたい写真を細かくイメージすることが大切。またそのイメージに合わせて日程を選ぶのがポイントです!

フォトウェディングの撮影や申し込みにベストなタイミングについては、別の記事で詳しく説明しておりますので、下のリンクからぜひ参考にしてみてくださいね。

【失敗しない!】フォトウェディングの撮影や申込みにベストなタイミングはいつ?

フォトウェディングと前撮りの違いと撮影のタイミング

前撮りは、結婚式を行うことを前提として式とは別日に行う写真撮影のこと。
つまり結婚式を行わないことを前提としたフォトウェディングとは、結婚式の有無によって区別して使われます。

前撮りのおすすめ撮影タイミング

前撮りの場合、フォトウェディングと同じくスタジオ撮影とロケーションでの撮影がございます。希望する写真のイメージによって、撮影日を調整しましょう。

前撮りならでは 撮影タイミングの注意事項
結婚式で使いたいなら余裕を持って撮影日を逆算!

撮影からデータが手元に届くまでは、平均して2〜3週間かかります。
結婚式までにアイテムを作る時間も計算して、余裕を持って撮影日を決めましょう。

また修正を入れたり、枚数が多い場合は1ヶ月以上かかることもあります。前撮りを予約する際には「この日までに写真のデータが欲しい」とプランナーやフォトグラファーに必ず伝えるようにしましょう。

入籍前に撮るエンゲージメントフォトがおしゃれすぎる

エンゲージメントフォトとは、プロポーズを受けてから結婚式までの期間に行う撮影のこと。
欧米では婚約するとえンゲージメントフォトを行うのが一般的でしたが、近年では日本国内でも結婚が決まったおしゃれカップルを中心に話題になっています。

エンゲージメントフォトとフォトウェディングの違い

フォトウェディングとエンゲージメントフォトの最大の違いは、フォーマルかカジュアルかというところ。

フォトウェディングでは、結婚式で着るようなウェディングドレスとタキシードなど正装で撮影を行いますが、一方でエンゲージメントフォトでは、普段の服装やワンピースなどカジュアルな装いで撮影を行います。

特別感のある写真が希望ならフォトウェディングが、カジュアルで自然体な写真が希望ならエンゲージメントフォトがおすすめです!

エンゲージメントフォトが人気の理由

エンゲージメントフォトが人気の理由は5つあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

思い出の場所で撮影できる

エンゲージメントフォトはフォトウェディングに比べるとカジュアルでアットホームな雰囲気になります。ドレスでは行かないような場所での撮影や、プロポーズを再現するなどストーリー性のある写真を残すことができます。

<おすすめ撮影スポット例>
おふたりが出会った場所(レストラン、居酒屋、学校など)
お決まりのデートコース(カフェ、ショッピング、映画館、スポーツ観戦の場など)
婚姻届を書く・提出する様子
おふたりの出会いやプロポーズの再現

例えばデートコースでの撮影では、おふたりの1日に密着して朝起きてからデートを楽しむ様子、そして帰宅するまでをひとつのストーリーのように撮影するのもおすすめです!

服装もメイクも自由

エンゲージメントフォトでは、服装もメイクも自由。普段着やドレスに似せたワンピースを着る方も多いです。

映画の登場人物になりきって、おふたりが好きな映画のワンシーンを再現するのも素敵ですね。

普段の自分たちらしいナチュラルな撮影ができる

フォーマルなフォトウェディングと違って、普段の生活の一部を切り取ったような撮影ができるのがエンゲージメントフォトの特徴。

写真撮影って緊張するし、ちょっと恥ずかしいな…という方でも、自然体なおふたりの写真を残すことができます。

入籍報告に使える

入籍はSNSで報告する時代。婚姻届を書いたり提出する様子を撮影して、入籍報告に使用することもできます。

入籍報告に素敵なペアルックのエンゲージメントフォトを使用された、芸能人ご夫婦のお写真が話題になりました。

結婚式のアイテムに使用できる

結婚式で使うウェルカムボードやプロフィールムービーに利用できるのも、エンゲージメントフォトが人気の理由。

結婚式が未定でも「いつか使えるかもしれない」と、記念に撮る人も多いです。

【エンゲージメントフォト】イメージにぴったりのフォトグラファーを見つけよう!

理想のイメージが十人十色のエンゲージメントフォトは、フォトグラファー選びがとても重要。
理想のエンゲージメントフォトを撮るための、フォトグラファーの選び方のポイントを3つ紹介します。

プランをオーダーメイドで作ってくれるかどうか

あらかじめ撮影内容が決まっている、パッケージプランでは理想の写真を撮るのは難しい。そこでおすすめなのが、フリーランスのフォトグラファー!

エンゲージメントフォトをはじめ、撮影のプランをカップルに合わせてオーダーメイドで作ってくれます。

フォトグラファーの得意な写真のイメージを把握する

フォトグラファーによって、得意な写真や構図、加工は様々。
事前に作品をチェックして、イメージに近いフォトグラファーを探しましょう。

<BRAPLAなら簡単にフォトグラファーを探せます>

BRAPLAでは「ナチュラル」「スウィート」「カジュアル」など写真をテイストごとに絞ることが可能。

お気に入りのレポートをライクすると、マイページにライクしたウェディングレポートが一覧で表示され、簡単にフォトグラファー情報を登録することができます。

気に入った写真にはどんどんライクしましょう!

気軽に相談できるかどうか

BRAPLAなら全国のフリープランナーやフォトグラファーに、なんと成約前でも気軽に質問が可能。

どんな些細なことでも気になったことはプランナーやフォトグラファーにチャットで相談してみましょう。気兼ねなく何でも質問するのが、良いエンゲージメントフォトをつくるコツ!

BRAPLAの使い方詳細はこちら

BRAPLAに掲載されているフォトグラファーは事務局の審査を通過した人のみ。
うまく活用して自分だけのお気に入りフォトグラファーを見つけてくださいね!

まとめ【フォトウェディングはイメージよって撮影タイミングを決めるのが重要!】

フォトウェディングで理想の撮影タイミングを決めるためには

  • ふたりの理想とする写真のイメージを明確化させる
  • フォトウェディングと前撮りとエンゲージメントフォトの違いを把握する
  • 天候に左右されないスタジオ撮影はおふたりのタイミングで
  • 屋外で撮影するロケーション撮影は撮影シーズンに気をつけて
  • エンゲージメントフォトは特にフォトグラファー選びが重要
  • エンゲージメントフォトはフリーランスのフォトグラファーに依頼するがおすすめ
  • BRAPLAでは簡単にフリーのフォトグラファーさんが見つかる

いかがでしたでしょうか?
ぜひBRAPLAをフル活用して、素敵なフォトウェディングを作り上げましょう!