ウェディングチーム結成と写真・フォトで理想の結婚式を探すなら BRAPLA【ブラプラ

全国にいるウェディングのフリーランスと出会えるサイト

9月の結婚式は「早めの準備と雨対策」が成功の秘訣!理由を知って賢く準備を

「夏が過ぎて、暑さが落ち着いた季節に挙式ができれば」そう考えているカップルも多いのではないでしょうか?

実は1年を通して、秋が最も人気のブライダルシーズン。
祝日の多い9月の結婚式を成功させる秘訣は、ずばり早めの準備!

慌てて準備を始めたけど希望の日程はどの会場も埋まってる…そうならないためにも、早め早めに準備をしてくのが大切です。

今回は9月の結婚式のメリット・デメリットと、成功させるために気をつけるポイントを詳しく紹介します。

9月の結婚式 人気度は年間で3位!

月別に見ると9月の挙式数は、年間を通して3番目に人気。
人気の挙式月ベスト3までを秋が占める中、人気の秋では9月の挙式組数は1番落ち着いていますね。

次に、9月挙式のメリットとデメリットを見ていきましょう。

9月結婚式のメリット

祝日が多くて休みがとりやすい

9月挙式の最大のメリットは、祝日が多いこと。「秋分の日」「敬老の日」「シルバーウィーク」があるため、遠方からのゲストが参加しやすくなります。

ただし挙式日を直前に案内してしまうと、参列者の宿泊費や交通費が高くなってしまうため注意が必要です。

夏休みを使って効率的に結婚式準備ができる

9月挙式の場合、夏休みを使って結婚式の直前準備をすることができます。おふたりでまとまった休みを合わせるのは、なかなか難しいですよね。

しかし9月挙式なら、夏休みやお盆の時期を使って結婚式の最終確認が可能です。

「味覚の秋」美味しい料理で参列者をおもてなし

「味覚の秋」と言うだけあり、秋には魅力的な食材がたくさん。

旬の食材を使うお料理で、参列者をおもてなしすることができます。

直接シェフに食事を相談できる式場もあります。参列者が多いと食事の好みは様々ですが、旬の食材の多い秋なら安心ですね。

人気のラスティックウェディングは秋との相性が抜群

ラスティック(rustic)とは「田舎の,素朴な,飾り気の無い」という意味の英単語です。
会場に木や植物を置くことで田舎風にアレンジするなど、自然を生かした会場デザインのことをラスティックウェディングと呼びます。

ラスティックをテーマにしたい場合、秋の結婚式がぴったり。
前撮りやお色直しでは、テラコッタカラーのドレスを選ぶ花嫁さまも増えています。

<秋だからこそ おすすめの演出例>
・紅葉やコスモスなど秋の花を使用したテーブルセッティング
・松茸やアワビなど高級食材や、旬のきのこや山菜を使ったお料理でおもてなし
・さつまいもやクリなど秋らしいデザートをサーブ(9月初めの暑い時期ならアイスもおすすめ)
・お色直しではベージュやテラコッタカラーを使っておしゃれに
・ヴィンテージな小物や渋みのある器を使うのもおすすめ

お衣装をめいっぱい楽しめる季節

東京の9月の気温は20度〜25度前後。暑すぎず寒すぎず、おふたりのイメージ通りのお衣装を楽しめます。

また参列者も上着を用意する必要がないため、女性はボレロを用意する必要もなく、荷物を減らすことができるというメリットも。

9月結婚式のデメリット

早くから式場の予約が埋まりやすい

人気のシーズンだからこそ、9月結婚式の最大のデメリットは予約が早くから埋まりやすいこと。

式場の予約はもちろん、遠方からの参列者の宿泊施設や移動手段の空き状況も考慮して準備を進める必要があります。

宿泊費や交通費が高くなりやすい

特にシルバーウィークなど祝日の前後は、宿泊費や交通費が高くなりがちです。

祝日前後に結婚式を行う場合は、挙式日が確定したらすぐに参列者に伝えましょう。

新郎新婦が手配する場合も同様に、挙式日が確定したらすぐに宿泊施設と移動手段の手配に移りましょう。

台風や雨対策が必要

9月に入ると台風が増え、月間降水量が220mmを超えるなど降水量がかなり多くなります。

9月に結婚式をする場合で屋外での挙式や演出を検討するならば、必ず雨天だった場合を考慮して準備を行いましょう。

9月の結婚式は「早めの準備と雨対策」が成功の秘訣!

早めに準備するべき理由

<1>希望の日程で予約できる

1年でも最も人気の秋挙式は、予約がかなり早くから埋まる傾向にあります。祝日前後はもちろんですが、土日挙式の場合は1年以上前から予約が埋まります。

とにかく希望の日程で予約するためには、早め早めに準備を進めることが大切です!

<2>参列者の交通費・宿泊費を抑えられる

シルバーウィークや祝日などは、観光客も多く交通費や宿泊費が高くなります。特にホテルの宿泊費や飛行機など交通費に関しては、空きが少なくなればなるほど価格も高くなるシステムになっており、早めに予約できると費用を抑えることができます。

また費用を少しでも抑えるために、早割を利用するという方法も。

参列者の負担を減らすためにも、早めに挙式日を決めて、すぐにゲストが手配ができる状態にしてあげられると親切ですね。

<3>レンタル衣装の選択肢を広く持てる

実は見落とされがちなのが衣装問題。人気の秋は式場のみならず、レンタルのお衣装も早いもの勝ちになります。

お衣装は、基本的に式場が決まってから試着を行います。

式場を予約するのが遅いと衣装の試着も遅くなってしまうため、レンタルできる衣装の選択肢が少なくなってしまうということも。特に人気のサイズは争奪戦。

余裕を持って試着をするためにも、早め早めに準備を進めましょう。

雨対策

9月は月間降水量が220mmを超え、1年でも2番目に雨が多い月なんです。
また台風が近づく季節でもあるため、しっかりと雨対策を行うことが成功のポイントになります。

<1>雨でも楽しめる演出を

屋外での結婚式や演出を考えている場合は、必ず雨天時の予備演出を考えておきましょう。

屋外で挙式を行う場合は、当日屋内挙式に変更できるかどうか、場所はどこになるのか

を予約する際など事前に確認しておくと安心です。

<2>雨の中来てくれたゲストへのおもてなし

式場の天気がどうなるのかは、当日になってみないとわからないもの。
ですがせっかく雨天でも来てくれたゲストには、「来てよかった」と思われたいですよね。

結婚式当日が雨予報であれば、雨も素敵な思い出に変えられるようなおもてなしを用意しましょう。

おすすめのおもてなし例
・受付でタオルをお渡し
・お化粧直し用にレストルームのアメニティを充実
・ヘアアイロンやスプレーなども用意できると◎
・エアコンが寒い方にブランケットを準備
・何本か折り畳み傘を用意してプレゼントにする

式場が用意してくれることもあるので、予報が雨であれば担当者に相談してみましょう。

まとめ【9月の結婚式は「早めの準備と雨対策」が成功の秘訣!】

・9月の結婚式は1年間で3番目に人気!
・メリットが多い秋挙式は早めの準備が成功の鍵
・早めに準備することで費用を抑えることができるだけでなく衣装の選択肢も広がる
・9月挙式のデメリットは降水量が多いこと
・雨対策とおもてなしで参列者の思い出に残る結婚式に

人気の9月からこそ、早めの予約でメリットを最大限に享受し、雨が多いデメリットは対策を行いましょう。

新郎新婦にも参列者にとっても、思い出に残る式になりますようBRAPLAは全てのカップルさまを応援しています!