ブラプラ(BRAPLA)|ヒトとは違う結婚式・フォトウェディングを

  1. TOP
  2. サプライヤーを検索
  3. 加藤 渚のプロフィール
  4. ウェディング一覧
  5. 渡航制限解除を乗り越えて 愛にあふれたウェディングパーティ
|フリーランスのプランナーならBRAPLA|ブラプラ|

渡航制限解除を乗り越えて 愛にあふれたウェディングパーティ

    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリーランスのプランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリープランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリープランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリーランスのプランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリーランスのプランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリーランスのプランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリープランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリーランスのプランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリープランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリープランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |ウェディングならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリーランスのプランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|
    • |フリープランナーならBRAPLA|ブラプラ|
    • |結婚式ならBRAPLA|ブラプラ|

ウェディング情報

エリア
東京都/Prime 42 BY NEBRASKA FARMS
ゲスト数
70〜80人
会場
レストラン
スタイル
挙式と披露宴
参考価格
300 〜 350 万円
シーズン
2022年 秋

Iordan(ヨルダン)さんとTomonaさんのwedding ふたりから初めて連絡頂いたのは、去年の6月頃 結婚式を挙げたい場所があるけど、会場側が取り合ってくれない。困っているからフリープランナーの私に手を貸してほしい。 Tomonaさんからのメールからは、ただ結婚式を挙げたい。そんな切実な想いが伝わってくる内容だったのをよく覚えています。 国際結婚で海外からのゲストも多く、新婦様も海外と日本で活躍するバリバリキャリアウーマン! そんなふたりは日本の型にはまったウェディングではなく、自由な結婚式を挙げたい。そして、その結婚式はふたりにとっての想いでの場所であるレストランで挙げたい。という希望がありました。 優しくて穏やかなIordanさんと、笑顔が可愛くて明るいTomonaさん。ふたりのお互いを思いやる気持ちや私までに気遣いしてくれる心の優しさに触れ、話を聞いていて尚更“結婚式を思い出の場所で挙げたい”というそのシンプルで真っすぐな想いを叶えてあげたいと思い、まずは会場に交渉のため足を運びました。 希望とする会場は今までウェディングは行ったことがなく、経験不足から迷惑をかけてしまうのでは。。と心配されていて、最初は断られましたが、何度も何度も交渉を重ね、ふたりの想いを私が代弁し、初めて問い合わせを頂いてから2か月くらい経った頃2022年2月のこの日なら、、、とようやく首を縦に振ってくださり受けて頂けることとなりました!(その時は涙が出るほど嬉しかったです!) ですが、2021年11月頃、コロナが思うように収束せず、海外からの渡航制限も解除される気配もなく、このままだと海外に住んでいる新郎の家族が日本に来る事が出来ない。。おふたりと話し合い、とても残念でしたが開催2か月半前を前にして無期限延期の判断をいたしました。 開催できるのは、“海外からの渡航制限が解除されてから”。そのニュースを心待ちする日々が始まりました。少しづつ規制も緩和されてきて、そのニュースを目にする度に心躍ってふたりにそろそろ連絡しようかな♪とそわそわしていたところTomonaさんからそろそろ9月頃で開催日を決めたい!と嬉しいご連絡を頂き、会場へ電話しました。 会場からの返答は驚くべき内容で、9月の開催だとお受けできない。とお返事を頂きました。理由も説明頂きましたが、その理由は決して納得できるものではなく、何度交渉しても答えは変わらず。 悔しくて。悔しくて。本当に悲しくて。この話を聞いたふたりはどんなに残念な気持ちになるだろう、、と思いながらも、心を決めてふたりの為に正直にお伝えしました。 ふたりに話している時は、悔しいやら申し訳ないやら、悲しいやら。。大好きなふたりを残念で悲しい想いをさせてしまう事が苦しくて。。いろんな感情がわき上がってきて、恥ずかしいけど涙が止まらなかったです。 内心ふたりとの縁も今日までなんじゃないか、、とさえ覚悟もして、私が希望を叶えてあげられなくてごめんなさい。とお伝えしました。 でもふたりがかけてくれた言葉は予想を裏切るもので“私たちの為にこんなに沢山動いてくださりありがとう。私たちはなぎちゃんを信じています。”と仰って頂けました。 ふたりは真っすぐ誤解せずきちんと受け止めて、その上で前を向いてくれました。 「新たに私たちの結婚式を挙げる場所、一緒に探してくれますか?私たちの結婚式にはなぎちゃんは必要不可欠なんです」とふたりからお話を頂き、心底嬉しかったのを覚えています。 そこから、ふたりと新たな会場探しが始まりました。 * それからふたりの希望にピッタリの会場が無事見つかり、順調に準備を進めていきました。 結婚式当日はふたりの為の時間。家族との時間。新郎祖父が作った木製リングルでのファーストバイトや新郎母国のブルガリアの伝統的なダンスをみんなで踊ったり、、終始愛に溢れていてすべてが愛おしくて、ふたりやゲストの楽しそうな笑顔は今でも忘れられません。 会場装飾のコーディネートもブーケも大まかなご希望を頂いて、あとはプロに任せた方が良い仕上がりになるんだから、とほとんどお任せいただけました。 フローリストはじめ、お任せオーダーでご希望以上のクオリティになるようにと全力でお手伝いをさせて頂きました。 当初からご希望頂いていた“型にハマった結婚式は挙げたくない!”そんなふたりの理想とする結婚式のお手伝いができたこととても嬉しく光栄に思っています。 最後まで私の事を信じて、頼ってくれてありがとうございました。 おふたりと同じ光景を見る事が出来て嬉しかったです。

このウェディングのサプライヤー

加藤 渚

ーやり残したことがない!大満足!ー そう言ってもらえる事が私の喜び 好きな場所 好きなひと 好きなもの ・・・

この投稿者の他のウェディングレポート

全ての記事を見る

こちらもおすすめ

全ての記事を見る

このヒトにメッセージ