ウェディングチーム結成と写真・フォトで理想の結婚式を探すなら BRAPLA【ブラプラ

全国にいるウェディングのフリーランスと出会えるサイト

フリーランスと式場・ホテルのウェディングプランナーの違いを徹底比較

「ありきたりな結婚式は嫌だ」
「低予算で式を挙げたい」
「少人数で身内だけで式を挙げたい」
「式場やホテル以外の場所で式を挙げたい」

このように考えている新郎新婦の方には、間違いなくフリーランスのウェディングプランナーがおすすめです。

こちらの記事では、フリーランスと式場やホテルのウェディングプランナーの違いをわかりやすく5つにまとめました。そして記事の後半では、フリーランスのプランナーに依頼した場合の具体的な流れと、メリット・デメリットについても丁寧に解説してます。

フリーランスのプランナー選びで失敗しないための情報が盛り沢山なので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

フリーランスと式場・ホテルのウェディングプランナーの違いを徹底比較

フリーランスのウェディングプランナーと、式場やホテルのプランナーの主な違いは5つあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1:所属の違い

1つ目は「所属の違い」です。

式場やホテルのウェディングプランナーは、その運営会社の会社員になるので、基本的には会社の利益が最大になることを目的にプランニングをします。

もちろん「最高の思い出にしてあげたい」という思いを持ったプランナーが多いと思いますが、衣装や会場の装飾などの選択肢は基本的に提携企業の範囲内になることがほとんど。

選択肢の自由度が低いために「このご夫婦なら絶対こっちの提携外業者の方が良いのに…」という歯がゆい気持ちを抑えながらプランニングしているのが現実。

一方でフリーランスのウェディングプランナーは、その名の通りどこの会社にも所属していない個人事業主。

つまり、会社員のプランナーと違って制限や縛りがないため、衣装や会場、装飾などすべてのプランニングに対して融通を利かせることができます。

2:プランニングの幅の違い

2つ目は「プランニングの幅の違い」です。

縛りがなく、自由度の高いフリーランスのウェディングプランナーは、極力こちらの要望を叶えるために全力を注いでくれます。

式場やホテルに限らず、レストラン、料亭、リゾート、カフェ、神社など、今流行りの「低予算」「少人数」開催のプランニングも可能に。

最近では家族のみで開催する「自宅ウェディング」などの需要も高まっているため、予算や要望に合わせて自由度の高いプランニングをしてくれるのが特徴です。

3:寄り添い方の違い

3つ目は新郎新婦への「寄り添い方の違い」です。

例えばフリーランスのウェディングプランナーは、結婚式に必要なアイテム探しにも一緒に同行してくれる方も多いです。

共働きが当たり前の時代、世の中のカップルたちは忙しい中でなんとかスキマ時間を見つけて結婚式の準備をしています。

旦那が出勤しているときは自分一人で準備することも多くなりますが、装飾品などのアイテム探しのときに相談相手がいないのは結構ツライもの。

そんなとき、式場やホテルのプランナーはアイテム探しに同行はできませんが、フリーランスの場合は一緒に同行してくれるプランナーもいるのでとても心強いですよ。

4:報酬(費用)の違い

4つ目は「報酬(費用)の違い」です。

式場やホテルのプランナーは会社員なので、プランナー個人に対して報酬を支払うのではなく、全体の料金に組み込まれているケースがほとんど。

また、中間マージンなどもトータル費用の中に組み込まれているので、フリーランスのプランナーよりも割高になります。

一方、フリーランスのプランナーの報酬は、その方の実績や開催規模によってかなりピンキリですが基本的に割安です。

ちなみに、経験豊富の人気プランナーだったり、こだわりが多い方は追加料金がかかって割高になるケースもあります。

プロフィールなどに予算目安を掲載していることが多いので、ぜひ比較検討してみてくださいね。

5:モチベーションの違い

5つ目は「モチベーションの違い」です。

フリーランスのウェディングプランナーは自由で縛りが無い一方で、何かトラブルがあったりクレームがあった場合は全て自分で対応する必要があります。

会社員の場合は、何かトラブルがあった場合は会社が守ってくれますよね。

そして会社員のプランナーはチーム戦ですが、フリーランスのプランナーは個人戦。

式場やホテルのプランナーのお客様の評価は式場やホテルに対しての評価になりますが、フリーランスのプランナーはダイレクトに自分の評価に直結します。

そのためフリーランスのプランナーは、お客様の満足度UPのために全力を注いでくれる方が多いですよ。

フリーランスのウェディングプランナーが結婚式をプロデュースする流れ

フリーランスのウェディングプランナーへの依頼は、次の5つのステップが一般的な流れになります。

STEP1:カウンセリング
STEP2:依頼
STEP3:コンセプト作成
STEP4:準備(会場探し〜)
STEP5:結婚式本番

まずは気になるプランナーさんにコンタクトを取り、ざっくりと自分たちのやりたい結婚式のイメージを伝えます。

基本的に初回のカウンセリングは無料で行っている方が多いので、実際に対面で会ってみて「この人なら良いかも」と感じた方に依頼することが大事です。

プランナーさんによって得意なプランニングが異なりますので、自分のフィーリングと合うかどうかをしっかり吟味しましょう。

信頼できるプランナーさんに出会ったら、一緒にコンセプトを作って会場探しから準備をスタートしていきます。

準備の行程

ここで、準備の行程をイメージしやすいようにリストアップしてみました。

  • 会場、ドレス、ヘアメイク、フォトグラファーの手配
  • ペーパーアイテムの設定、ギフト探し
  • 装飾や会場コーディネートの準備
  • 会場の担当者や各業者との打ち合わせ
  • プログラムの作成
  • 当日までのスケジュール管理
  • 結婚式当日の立ち会い、司会進行の管理

などなど、とてもたくさん工程がありますよね。

ちなみに式場やホテルの場合はチームでお世話をしてくれることが多いですが、フリーランスのプランナーさんは最初から最後まで1人のプランナーが付きっきりで対応してくれます。

各準備の工程で微妙なニュアンスもしっかり伝わりやすいのは嬉しいですよね。

フリーランスのプランナーを選ぶメリット・デメリット

フリーランスのウェディングプランナーを選んだ場合のメリットとデメリットについてもしっかり押さえておきましょう。

式場やホテルのプランナーとの比較をしながら紹介していきますね。

フリーランスプランナーを選ぶメリット

  1. 顧客満足度UPに最大限努力してくれる
  2. 提携企業の縛りが無いためプランニングの幅が広い
  3. 小規模・低予算のプランニングが可能
  4. 最初から最後まで徹底的に付き添ってくれる

フリーランスのプランナーを選ぶメリットは、新郎新婦の要望に対して全力で対応してくれる点です。

提携業者がないため、忖度なしに自分たちのイメージに合ったアイテムを一緒に探してくれます。

また、中間マージンも無いので、小規模・少人数・低予算のプランニングができるというのも嬉しいですよね。

そのためフリーランスのプランナーは、最初から最後まで徹底的に新郎新婦に付き添ってくれますよ。

フリーランスプランナーを選ぶデメリット

  1. 専属では無いため式場やホテルのプランニングが断られることがある
  2. 会場に熟知していない場合がある
  3. 別途費用が発生した場合は割高になる

フリーランスのプランナーは会場専属ではないため、式場やホテルの利用を断られることがあります。

さらに、会場について熟知している専属プランナーと違って、フリーランスのプランナーは初見の会場であるケースも当然でてきます。
会場側との打ち合わせが増えて、スムーズにプランニングが進まないケースも考慮しておきましょう。

また、フリーランスのプランナーは低予算で押さえることもできますが、要望の分だけ別途費用がかかる積み上げ方式です。

こだわりが強い方は逆に割高になるケースもありますので、ぜひ無理のない範囲で相談してみてくださいね。

結婚式をトータルで考える強い味方がブライダルプランナー。一から作り上げるならフリーランスのプランナーが最適!

最後に、フリーランスのプランナーは新郎新婦の要望に対して、最初から最後まで細部に渡って徹底的に寄り添ってくれる強い味方です。

仮に低予算だったとしても、ありきたりな結婚式ではなくて参加者が楽しんでくれるように全力でプランニングしてくれる存在でもあります。

これから結婚式を検討している方は、ぜひまずは無料カウンセリングをしてみて、自分たちとフィーリングの合うプランナーを探してみてくださいね。

こちらの記事が、多くの新郎新婦の参考になれば幸いです。