ブラプラ(BRAPLA)|ヒトとは違う結婚式・フォトウェディングを

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 結婚式の費用
  4. 元プランナー監修!結婚式の見積もり交渉の成功例とNG例を解説

元プランナー監修!結婚式の見積もり交渉の成功例とNG例を解説

結婚式場を選びはじめると、その見積もりの高さに驚く方も多いはず。
理想の結婚式を予算内で行うためには、値引き交渉してみるのもひとつの手です。

「そもそも値引き交渉ってして良いものなの?」
「見積もりの値引き交渉ってどうやってするの?」

今回は、結婚式の見積もり交渉の成功例とNG例を解説します。
見積金額が高すぎて困っているという方は、値引き交渉の参考にしてみてください。

そもそも結婚式の値引きはアリ?

そもそも、「結婚式って値引き交渉できるものなの?」という疑問を持つ方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言うと、結婚式で値引き交渉は可能です。

しかし、値引き交渉はできる場合とできない場合があり、強引な値引き交渉は契約拒否されてしまう場合もあります。

  • 元プランナー

    相手の気持ちを考えずに自分の値下げしたいという気持ちだけで交渉してしまうと、式場側に「契約したくない」と思われてしまうかもしれません。

そうすると、値引きをしてくれなかったり、実は空いている希望日を空いていないと言われたり、契約しない方向に進められてしまいます。

値引き交渉するときは、相手の気持ちを考えることを第一に考えましょう。

値引き交渉の成功例とNG例

まずは、交渉のNG例を紹介します。

  • 契約後の値引き交渉
  • 安価な他社と比較する
  • 過去に結婚式を挙げた人と比較して交渉する
  • いろいろな式場に値段交渉する

まず、基本的に値引き交渉は契約前におこないます。
契約は見積もりで双方が了承した上で交わすものなので、契約後は値引き交渉を受け付けてくれないこともあります。

契約後の値引き交渉は難しいということは覚えておきましょう。
価格の安さを押している他社と比較して価格交渉をするのもNG。

プラン内容が違うため、相手にされないことがほとんどです。
しかし、どこがどう違うのかやなぜ高いのかを聞くことは、おふたりが納得するために効果的でしょう。

  • 元プランナー

    「○○さんみたいに○○円くらい値引きしてよ!」 このように、過去に結婚式を挙げた人と比較して値下げ交渉するのはNG。

料金改定がおこなわれていたり、そのときとサービス内容が違ったりするので参考にならず、値下げには至りません。

そもそも「値引きはしない!」というポリシーの式場もあります。

その式場に決める予定もないのに、さまざまな式場で値下げ交渉はしないようにしましょう。

値引き交渉の成功例は、以下を参考にしてください。

  • 契約前に値引き交渉する
  • 予算を伝えてみる
  • 他式場と比較していることを伝える

先ほども紹介したように、強引な値引き交渉は契約拒否されてしまう場合もあります。
自分の気持ちだけではなく、相手の気持ちも考えながら、値下げ交渉をするようにしましょう。

値引きできるパターンを紹介

式場によっては割安なプランが多く用意され、値引き交渉しなくても値引き可能な場合もあります。

見積金額が高すぎて困っているという方は、これから紹介するパターンで値下げ可能かどうかを式場に相談してみましょう。

時期(とくに閑散期である夏と冬)

結婚式は、過ごしやすい季節である春と秋が人気。特に秋は10月〜11月にピークを迎えます。

反対に考えると、夏と冬は閑散期ということ。
閑散期は式場側としては、値引きをしても予約を獲得したい季節でもあります。

時期にこだわりのない方は、閑散期を選ぶと安くなるかもしれません。
時期によって価格は変動するのかどうか、式場に確認してみる価値はあるでしょう。

日柄

日柄とは、大安や仏滅などの六輝と呼ばれるものを指します。
六輝とは占いのようなもので、歴史が深く、結婚式する日を選ぶ参考になるもの。

例えば、仏滅は婚礼などの祝い事を忌む習慣があるため、結婚式をおこなうには縁起が悪いと敬遠されています。

このように、六輝で縁起が悪いとされているお日柄は人気がないため、安くなるというプランを打ち出している式場もあります。

お日柄にこだわらない方は、このお日柄の割引を利用するのがおすすめ。
お日柄で値引きされるのかどうかは式場によって異なるので、お日柄の割引を狙っている方は事前に式場に確認してみましょう。

仏滅でも見積もりが大幅ダウンするのであれば、お日柄を重視していても検討する価値はあると思います。

曜日や時間帯

曜日や時間帯で値引きが適用される場合もあります。
曜日や時間帯にこだわりのない方は、曜日や時間帯によって価格が変動するのかどうか、式場に確認してみる価値はあるでしょう。

挙式までの日数

準備期間が短ければ短いほど、割引率が大きくなる場合もあります。
例えば秋に結婚式を挙げたい場合、1年半後の秋よりも半年後の秋のほうがお得な場合がほとんど。
挙式までの日数が短くても良い方は、挙式までの日数で割引があるのかを確認してみましょう。

契約する時期(決算前やキャンペーン期間)

契約する時期によっても、価格は変動します。
例えば、決算前や式場が独自に設定しているキャンペーン期間は、特別な割引プランを打ち出しているかもしれません。できるだけ安く結婚式を挙げたい方は、契約する時期も検討しましょう。

見積もりを交渉する時のポイント

では最後に、実際に交渉するときのポイントを紹介します。

交渉は契約前に

契約は見積もり金額で双方が了承した上で交わすものなので、契約後の見積もり交渉は基本的にNGです。交渉は契約前におこなうようにしましょう。

予算の問題を伝える

交渉するときは、予算の問題を伝えたほうがスムーズです。
「予算が○○円なので、○○万円ぐらいなら申し込みたい。」
という風に、どれくらいの予算があるのかと、いくら値下げしてくれるなら申し込みたいということを伝えてみましょう。

  • 元プランナー

    ウェディングプランナーの多くは、「値引きしたのに契約できなかった」という経験をしています。


なので、値引きしてもらえたら契約する意思があることを伝えると、プランナーさんの頑張り度合いも変わるでしょう。

挙式日まで6ヶ月以内を狙う

挙式日まで6ヶ月以内だと割引が適用される式場が多く、挙式日まで短い日を安いプランにして打ち出していることもあります。

しかし、挙式日まで短いと以下のようなデメリットもあります。

  • 人気の会場や人気の曜日などは埋まっている可能性がある
  • 準備期間が短い

これらのデメリットがあっても安い方が良いと感じる方は、挙式日まで6ヶ月以内の日程を狙いましょう。

挙式日まで6ヶ月以内の日程を押さえたい方は、希望する挙式日の6〜7ヶ月前ぐらいからブライダルフェアに行きはじめるのがおすすめです。

他式場と比較していると伝える

他の式場と比較して悩んでる方は、正直に「他の式場と比較している」と伝えましょう。
値引きすれば契約してくれるような状況であれば、式場側もスムーズに値引きを検討してくれます。

また、見学が1件目でこの後に他の式場を見学する予定なのか、2件目以上で他社見積りを見ているのかも伝えられると良いですね。
2件目以降に見積もりを貰うときは、以前に見積もりを貰った式場とまったく同じ内容で作ってもらうのがおすすめ。

正確な比較をする上で、同じ内容の見積もりは役立ちます。

捨てられる条件をつくっておく

先ほども紹介したように、お日柄や曜日、時期によって値引きされる場合があります。
捨てられる条件がある方は、「ここはこだわりません!」と捨てる条件を作っておきましょう。
そうすることで、値引き交渉もスムーズに進められます。

元プランナーからひとこと

見積もり交渉をするときは、おふたり側も譲歩(提案)をするととてもいい交渉ができます。

例えば、

  • もし日柄を変えたらもっと安くなりますか?
  • もし人数が増えたら割引は増えますか?
  • あといくら値引いてくれたら決定します。

などのように決める意思を見せて、「気に入ったから、この式場で結婚式を挙げたい!」という意思表示をすることが大切です。

値引きは提供するサービスによって限度があり、できることとできないことがあります。

料金を重視していることをしっかり伝えて、そこに対しどれだけ親身に考えてくれるか、それこそがその式場の対応力。

今後、結婚式までの準備期間の対応力にも繋がります。

お互いに相手の気持ちを考えながら、値下げ交渉ができると良いですね。

この記事を書いた人

ブラプラ編集部

ブラプラはあなただけのオリジナルウェディングができる初めてのWEBサービスです!ウェディングの不安や疑問を解消できるような情報を発信中!

この記事をシェアしよう