ウェディングチーム結成と写真・フォトで理想の結婚式を探すなら BRAPLA【ブラプラ

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. フォトウェディング
  4. フォトウェディングはスタジオ?ロケーション?メリット・デメリットとは

フォトウェディングはスタジオ?ロケーション?メリット・デメリットとは

結婚式と比べると自由度の高い、フォトウェディング。

招待客を伴うオプションやリゾート地で撮影するプランなど、プランが充実しており、理想的なフォトウェディングを実現しやすいのが特徴です。

しかし、フォトウェディングの撮影スポットで悩んだ経験はないでしょうか。

「スタジオ撮影とロケーション撮影はどっちがいいんだろう」
「ロケーション撮影したいけど、デメリットはあるのかな」

など、撮影場所への疑問は後を絶ちません。

今回は、スタジオ撮影とロケーション撮影のメリット・デメリットを詳しくまとめました。

撮影スポットはフォトウェディングの満足度を決定づける大事な要素ですので、本記事を参考に、おふたりの適切な撮影スポットを見極めてくださいね。

本記事を読めば、スタジオ撮影とロケーション撮影の特徴がわかり、希望や好みに合った撮影場所を選べるはずです。

フォトウェディングをスタジオで行うかロケーション撮影をするかで迷う方は意外と多い!

フォトウェディングには、室内のセットで撮影するスタジオ撮影と、好きな場所で撮影できるロケーション撮影の2種類が存在します。

選択肢の幅がありますが、実は大半のカップルが撮影場所で悩みます。

なぜなら、撮影場所の特徴や、出来上がり写真のイメージなどが詳しく想像できないためです。

しかし、スタジオ撮影とロケーション撮影のメリットやデメリットを詳しく理解すれば、おふたりに適した撮影スポットを見つけられますよ。

それぞれのメリットデメリットをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

フォトウェディングをスタジオで行うメリット・デメリット

スタジオ撮影のメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてください。

スタジオのメリット

スタジオ撮影のメリットを3つ紹介します。

豊富なプラン

ロケーション撮影よりも、スタジオ撮影は豊富なプランが存在します。

セットを使うため光や角度を微調整しやすい・小物を多く使えるなどのメリットがあるためです。

ロケーション撮影の場合、日差しや湿度などの天候条件によって、新郎新婦を美しく撮影するのは簡単ではありません。

それに対して、スタジオ撮影は屋内のセットを使用していますので、光や写り方の微調整をしやすのが特徴。

また、ロケーション撮影とは異なり、小物を多く使えるのがメリットです。

例えば洋装撮影の場合、花束やブーケなどの高級感ある小物たちが写真をより素敵にし、新郎新婦を引き立ててくれます。

ロケーション撮影の場合は小物を自由に使いにくいため、新郎新婦の撮影用に、完全に作りこまれたおしゃれな空間でのスタジオ撮影は、出来上がりもイメージしやすく大きな魅力といえます。

天候に左右されない

スタジオ撮影は天候に左右されず、高いクオリティの写真を撮影できるのがメリットです。

ロケーション撮影の場合、気温や雨などの天候に左右され、撮影が中止や中断になる可能性があります。

それに対して、スタジオ撮影は天候に左右されずに撮影できるのが大きな魅力です。

多少天気が悪い状況で撮影を決行した場合でも、湿気によるヘアスタイルのくずれや、暑さ寒さによる体力の消耗を避けられません。

スタジオ撮影の際は気温や湿度が常に良好ですので、万全の状態で撮影出来ます。

「とにかく綺麗に写真を撮りたい」

といった希望がある方は、スタジオ撮影をおすすめします。

少ない撮影時間とリーズナブルな価格設定

ロケーション撮影と比較した場合、スタジオ撮影の所要時間は短く、リーズナブルな価格に設定されているケースが多いのが特徴です。

ロケーション撮影の場合、撮影場所までの移動時間とコストがかかるため、スタジオ撮影よりも金額が高くなり、撮影時間は約5〜7時間ほどかかります。

それに対して、スタジオ撮影は移動コストや追加料金がかからず、撮影環境が整っていますので撮影時間は約5時間です。

「低予算で所要時間は短い方がいい」

と思う方は、スタジオ撮影をおすすめします。

スタジオのデメリット

スタジオ撮影のデメリットを3つ紹介します。

単調な見栄えになる可能性がある

スタジオ撮影は出来上がった写真が単調になる可能性があります。

限られたセットや小物を使うため、撮影できる写真の幅に限界があるためです。

スタジオ撮影のメリットは豊富なプランを持ち合わせている点ですが、出来上がり写真のイメージや雰囲気に上限があるのはデメリットですね。

小物やヘアスタイルをアレンジしたすると、新鮮味が溢れる写真になりますので、オリジナリティの入れ方が大切です。

撮影時に緊張してしまう

スタジオ撮影は室内空間ですので、緊張しやすいのがデメリットです。

晴れ着姿の新郎新婦の目の前には、カメラマンや担当スタッフなどが多く並んでいるためです。

事前にリラックスや入念なイメージトレーニングで、緊張をほぐして撮影に望んでください。

撮影前は新郎新婦で団欒をしたり、担当スタッフさんとコミュニケーションを取るなどの方法で対策するのがおすすめ。

スタジオ撮影でも、自然な笑顔でゆったりとした空間を楽しめるはずです。

人気のスタジオは予約が取りづらい

スタジオ撮影はセットを使いますので、人気な撮影セットは予約が取りづらいのがデメリットです。

例えば、教会やチャペルなどの挙式をイメージしたスタジオや、和装結婚式をモチーフにしたスタジオは人気が高いため、予約が取りづらいのです。

長期的な計画を立てたり、予約困難なスタジオと似ているスタジオを探すのも解決策です。

フォトウェディングをロケーション撮影で行うメリット・デメリット

ロケーション撮影のメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてください。

ロケーション撮影のメリット

ロケーション撮影のメリットを3つ紹介します。

スタジオ撮影よりも特別な記念日になる

ロケーション撮影はスタジオ撮影よりも特別感が増し、素敵な記念日になります。

ロケーション撮影は新鮮な空気感と非日常的な時間を過ごせますので、一生の思い出になるためです。

例えば、お馴染みデートスポットやプロポーズした場所など、おふたりにとってゆかりのある場所で撮影できるのが魅力。

スタジオ撮影では味わえない雰囲気がありますので、おふたりの自然な表情も写真におさめられますよ。

ロケーション撮影はとても満足度が高いため、素敵な記念日として一生忘れられないイベントになるはずです。

好きな場所で撮影できる

ロケーション撮影では、好きな場所で撮影できるのがメリット

なぜなら、お2人が行きたい場所や撮影したいスポットなどを自由に選択できるためです。

教会やチャペル、おふたりの母校、軽井沢といったのリゾート地などの場所でも撮影できます。

また、町中や船の上、自然の中などの環境でも撮影できますので、豪華な写真が仕上がりますね。

それに対して、スタジオ撮影の場合は撮影できるセットや出来上がりの写真のイメージがある程度決まってしまいます。

撮影したい場所の希望があるカップルには、ロケーション撮影をおすすめします。

新婚旅行を兼ね備えられる

好きな場所で撮影できるロケーション撮影は、新婚旅行を兼ね備えられるため非常に魅力的ですよね。

例えば京都で撮影する場合、和の雰囲気が溢れる街並みですので、和装がとてもお似合いになります。

また、沖縄県といった海をメインにするリゾート地では、自然で広大な写真が撮れます。

おふたりが新婚旅行で行きたい場所で撮影できるうえ、行き先によって出来上がり写真のイメージが違いますので、新婚旅行とフォトウェディングを同時に楽しめますよ。

ロケーション撮影のデメリット

ロケーション撮影のデメリットを3つ紹介します。

天候や季節の影響を受けやすい

ロケーション撮影は天候や季節によって左右されるのが大きなデメリットです。

なぜなら、屋根付きで空調が完備されているスタジオ撮影とは違い、ロケーション撮影は外で撮影するためです。

暑い寒い、湿気が高い、強い雨や風など、気象的な状況の影響は避けられません。

もし天候によって撮影が中止延期になった場合、追加料金が発生する恐れもあります。

夏や冬、小雨や多湿など多少の悪条件のなか撮影を決行した場合でも、ヘアスタイルのくずれや体力の激しい消耗なども考慮しなければなりません。

天気に左右される点は大きなデメリットですので、長期的な計画を立て、もし撮影が中止・延期になった場合の対策と追加料金の有無を事前にチェックしましょう。

追加料金が発生する

ロケーション撮影では、追加料金が発生します。

スタジオ撮影よりも多くのスタッフを必要とし、別途交通費が必須のためです。

日差しや風など、天候の影響もありますので、素敵な写真を撮るためには多くの時間と手間が必要不可欠。

スタジオ撮影の相場が10~15万円ですが、ロケーション撮影は10~30万円程度の予算が必要になります。

ロケーション撮影は金額が高くなりますので、予算を明確にしましょう。

希望する場所で撮影できないケースがある

フォトウェディングのロケーション撮影は、好きな場所で撮影できるのが魅力ですよね。

しかし、撮影できない場所も存在します。

特に施設で撮影したい場合、施設の管理者の撮影許可を得なければなりません。

もし許可が下りなかった場合、対象施設での撮影ができませんので、撮影スポットを変更する必要があります。

撮影スポットは事前に担当スタッフとよく話し合って決めましょう。

スタジオとロケーションを比較して、あなたにぴったりのフォトウェディングを

スタジオ撮影とロケーション撮影のメリット・デメリットを解説しましたが、いかがでしょうか。

メリット・デメリットの理解も重要ですが、新郎新婦が理想とするフォトウェディングの実現がなによりも大切です。

スタジオ撮影とロケーション撮影の特徴を踏まえながら、ぜひ後悔のないフォトウェディングにしてください。

また、BRAPLAでは、あなたとウェディングチームをつなげるサービスを展開しています気になる方はぜひ他の記事もご覧ください。