ブラプラ(BRAPLA)|ヒトとは違う結婚式・フォトウェディングを

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. フォトウェディング
  4. フォトウェディングが安い時期は?費用を抑え満足度の高い撮影にするコツ

フォトウェディングが安い時期は?費用を抑え満足度の高い撮影にするコツ

フォトウェディング
フォトウェディングが安い時期は?費用を抑え満足度の高い撮影にするコツ

フォトウェディングを安く済ませたい、でも仕上がりに妥協はしたくない。そのためには、しっかりと事前に情報収集をしてプランを申し込むことが大切です。今回はフォトウェディングが安い時期と、またしっかりプランにこだわりたい方向けに、仕上がりに妥協をせず費用を抑えるポイントについて解説します!

フォトウェディング プランの内訳と費用

フォトウェディングの費用を抑えるためにまず知っておきたいのが、プランの内訳と相場です。

フォトウェディングの費用相場

スタジオ撮影の費用相場…5万~10万円
ロケーション撮影の費用相場…10万円~30万円

フォトウェディングの費用は、10万円〜30万円が相場。特にスタジオ撮影のみの場合は、基本プランは5万円ほどと比較的リーズナブルになります。

ロケーション撮影の場合は、移動費やフォトグラファーなどの出張費、またロケ地によっては使用料が発生するなどスタジオ撮影よりも必要経費がかかります。

フォトウェディングの費用が上がる原因は「プラン」

スタジオ撮影のプランを見ていると、相場よりも安いプランが多い印象がありますよね。

しかし、これが落とし穴。

基本プランが安くても、オプションの追加や衣装のアップグレードなどによって費用は相場くらいに上がることがほとんどなんです!

相場やアップグレードのことを知らないと、最終的な費用感が分からなかったり、後から損した気分になってしまうので注意が必要です。

追加になりやすいオプション

衣装のアップグレード

元々プランに含まれてる衣装は、かなりシンプルなものであったり、選択肢も多くありません。
衣装のアップグレードだけで、おふたりで10万円以上追加になることも珍しくありません!

撮影カット数・納品データ数の追加

特にスタジオや式場での撮影に多い失敗談が、安いという理由で予約したプランの内容を確認したら、納品データが1枚しか含まれていなかった! という失敗談。

予約する前に必ずプラン詳細まで確認することで、この失敗は防ぐことができます。

フォトグラファーの指名料

希望するフォトグラファーを指名する場合に指名料が発生することもよくあります。
特に人気のフォトグラファーであればあるほど、指名料も高くなる傾向に。

ホームページのトップページに掲載されている写真を見て申し込んだのに、後になってそのフォトグラファーに依頼するには指名料が別で必要だと気づくカップルも多いんです。

<スタジオ撮影プラン例 総額:86,000円>

プラン基本料:40,000円
・撮影(50カット)
・納品データ(3カット)
・レンタル衣装・小物・ヘアメイク

追加料金オプション 
・データ10カット追加 10,000円
・ドレスのアップグレード代金 36,000円

プランの内容を確認する際は下記を確認しましょう!
・納品カット数:しっかり写真を残したい方は300カット以上がおすすめ
・ヘアメイクの有無
・含まれる基本衣装の詳細

フォトウェディングが安い時期は?

フォトウェディングのプラン料金は、時期によって変動はしません。
しかし、時期によってはキャンペーンが用意されることがあり、うまく利用すると費用を抑えられることもあります!

割引・特典のあるキャンペーンを狙う

フォトウェディングのプラン価格は同額でも、そこから割引やお得な特典がつくキャンペーンが開始される期間があります。

ただし、気をつけたいのはキャンペーンが行われるのは「撮影組数が少ない時期」だということ。撮影組数が少ないのには理由もあるので、注意した上で申し込むことが大切です。

サマーキャンペーン・ウィンターキャンペーン

撮影組数の少ない夏と冬には、キャンペーンが行われることが多いです。
最も割引が多い時期は「夏」で、5月に入ると多くのスタジオや企業がサマーキャンペーンを打ち出すのを目にします。

しかし、のロケーション撮影の場合は特に、着慣れないドレスや和装を着て、何時間も外で撮影をするのは想像以上に過酷なもの。
さらにヘアメイクなど汗や乾燥の対策も必要で、安いと思って申し込んだのにいつの間にか費用が高くなってた…なんてことも。

夏や冬の撮影を希望する場合は費用面はもちろんですが、健康面についても必ずフォトグラファーに相談して、万全の対策を行いましょう!

費用を抑えて満足度の高いフォトウェディングにするポイント

仕上がりに妥協せず費用を抑えるコツは、プランにメリハリをつけること。
こだわるところはとことんこだわり、不要な部分は差し引いてムダなくプランを組み立てていくことが大切です。

とは言えパッケージプランだと、不要なオプションが入ってしまうのも正直なところ。
そこで、賢く節約したいカップルには「オーダーメイドプラン」がおすすめです!

オーダーメイドプランのメリットはムダが無いこと

撮りたい写真は十人十色。
オーダーメイドプランの場合、おふたりの希望に添ってプランを組み立てます。
そのため、こだわる部分にはしっかりこだわり、そうじゃない部分は節約することができます。

パッケージプランだと不要なオプションがあっても差し引くことができないので、ムダの無いオーダーメイドプランならお得感もありますね。

ブラプラならフリーのフォトグラファーに気軽に相談可能!

ブラプラは無料で登録&相談が可能!

オーダーメイドでフォトウェディングのプランを作るなら、やっぱり信頼できるフォトグラファーに任せたいですよね。

ブラプラなら全国のフリープランナーやフォトグラファーに、なんと成約前でも気軽に質問が可能。


フォトグラファーと直接やりとりができるので、撮影前に人柄が分かって安心して申し込みができますね。

どんな些細なことでも、気になったことはプランナーやフォトグラファーにチャットで相談してみましょう。
気兼ねなく何でも質問するのが、良いフォトウェディングをつくるコツ!

オーダーメイドプラン 見積もりを依頼する時のコツ

フォトウェディングは安ければ良いというわけではなく、やりたいことと費用感をすり合わせることが大切。

もし希望する内容の費用感が分からない場合は、やりたいことやプランに入れたいオプションをまとめて、オプションを全部組み込んだプランで見積もってもらうのがポイントです!
またその際にイメージ画像を添付すると、より明確にフォトグラファーにイメージを伝えることができます。

その後、見積もりの結果を見て、オプションを足し引きして調整するのが分かりやすくて便利です。

オプションやどんなことができるか分からない、という方は以下の内容例を参考にしてみてください。

<プラン内容例>
・撮影カット数
・納品データ数  ※300カット以上おすすめ
・加工編集してもらえるデータ数
・事前打ち合わせ
・アルバム(必要なら)
・当日の撮影同行アテンド(ロケーション撮影の場合)
・ブーケ生花/造花
・ブートニア
・衣装
・アクセサリー
・撮影に使う小物
・ヘアメイク
・ヘアメイクリハーサル

そのほか希望するなら
・ムービー
・納品方法(USB・Blue-rayなどの指定が可能か)
・ドローン撮影

まとめ【フォトウェディングはプランにメリハリをつけて節約!】

  • フォトウェディングの費用相場は10万円〜30万円
  • 既存のパッケージプランだとアップグレードになることがほとんど
  • プランの金額は時期によって変動しない
  • 時期によってはキャンペーンがあるため費用が抑えられることもある
  • 夏や冬の撮影は撮影組数が少ない時期でデメリットもあるので注意が必要
  • オーダーメイドプランなら必要なオプションだけ!
  • ブラプラなら成約前でもフォトグラファーに直接相談可能!
  • 気になることは何でも質問することが良いフォトウェディングを作るコツ!


ぜひブラプラを活用して、素敵なフォトグラファーさんを見つけてくださいね。

ブラプラはフォトウェディングを成功させたい、そんな気持ちでおふたりを応援しています!

ちょっとした質問なら公式LINEでスタッフに相談♪

プランナーやフォトグラファーに聞くまでもない…でも気になる…
そんな質問は『ブラプラ公式LINE』を友達追加して、チャットでお気軽にご相談ください!

LINEで今すぐ相談する
ABOUT ME

のぶ

ブラプラ編集部。フリーランスでWEBライターやデザイナーも。自身もプレ花嫁(結婚式は無期限延期中)。結婚式は少人数で挙げたい派で、ハネムーンは好きな映画の舞台であるシチリア島と(勝手に)決めている。