ブラプラ(BRAPLA)|ヒトとは違う結婚式・フォトウェディングを

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 結婚式準備
  4. 【2023最新版】ウェディングドレスの形とおすすめの種類を解説します

【2023最新版】ウェディングドレスの形とおすすめの種類を解説します

結婚式準備
【2023最新版】ウェディングドレスの形とおすすめの種類を解説します

ウェディングドレスにはさまざまな形のものがあり、一括りに「ウェディングドレス」といっても、さまざまなタイプがあるのを知っていますか?

「種類が多すぎて分からない…」
「自分に似合う形が分からない…」
「選ぶのに時間がかかりすぎて疲れてしまった…」
と、悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

ウェディングドレスにはたくさんの形が存在し、そのシルエットによって与える印象もさまざま。なりたいイメージだけでなく、式場やロケーションとの相性を考えてドレスを選ぶのもおすすめです!

今回は、ウェディングドレスの人気の形とおすすめの種類を解説します。
これからドレス選びをする方や、ドレス選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ウェディングドレスの形が大切な理由

ウェディングドレス姿は、遠くからも近くからも見られるもの。結婚式となれば、主役であるカップルにゲスト全員が注目します。

ウェディングドレスの形が大切なの理由は「形によって印象や雰囲気が大きく変わるから」。また体型に合わせた形を選ぶことで、ドレス姿をより美しく見せることができます。

  • 結婚式にコンセプトがある
  • 見る人に与えたい印象がある
  • 着たいドレスの雰囲気がある
  • 式場の雰囲気に合わせたドレスが着たい
  • 体型をカバーしたい
  • 体型に合わせたドレスが着たい

このように考えている方は、特にウェディングドレスの形を理解することがとても重要です!
結婚式という1日を美しいドレス姿で過ごすためにも、ドレスの形にはこだわりましょう。

人気のウェディングドレスの形と与える印象を紹介

ウェディングドレスには、以下のようなさまざまな形のものがあります。
今回は特に人気のある、下記4種類のウェディングドレスについて詳しく紹介いたします。

人気のウェディングドレスの形 4種類
  • Aライン
  • プリンセスライン
  • マーメイドライン
  • スレンダーライン

Aライン

Aラインの形について

Aラインは、裾に向かってアルファベットの「A」のように広がったドレスの形。
ウエストの位置が高く、すっきりとした印象で足長効果も期待できます。

次に紹介する「プリンセスライン」よりも、すっきりとしたデザインのものが多いという特徴があります。
また、Aラインはクラシカルで上品な印象を持つので、親世代や年配のゲストにも良い印象を与えられるでしょう。

「Aライン」はこんな人におすすめ!
  • シンプルなドレスが好みの方
  • 上品な印象を与えたい方
  • 足を長く見せたい方

Aラインのドレスは、比較的どんな体形の方もきれいに着こなせます。体型や年齢問わず、人気のある形です!

プリンセスライン

プリンセスラインの形について

プリンセスラインは、タイトな上半身からスカートがふわっと大きく広がったシルエットが特徴。

ウェディングドレスとして、最もポピュラーな形です。
先ほど紹介したAラインよりも、ウエストからのスカートのふくらみが大きいため、名前の通り「お姫さま」のようなドレスの形。

ゴージャスな印象を与えるので、広い式場でもばっちり映えるでしょう。

「プリンセスライン」はこんな人におすすめ!
  • かわいらしい雰囲気のドレスが着たい方
  • 華やかでゴージャスな印象を与えたい方
  • 王道なイメージのドレスが好きな方
  • ウエストを細く見せたい方

プリンセスラインのドレスは、「日本人の体型に最も似合うデザイン」といわれています。王道なイメージが好きな方は、プリンセスラインがおすすめです。

マーメイドライン

マーメイドラインの形について

マーメイドラインは、膝までは身体にぴったりとフィットし、裾が人魚の尾ひれのように広がったドレスの形。

体のラインがきれいに強調されるので、女性らしさをアピールできます。体のラインにフィットするため曲線美が強調され、大人花嫁にも人気です。細身の人や背が高い人におすすめの形で、大人っぽい印象を与えてくれます。

「マーメイドライン」はこんな人におすすめ!
  • 大人っぽい雰囲気のドレスが着たい方
  • セクシーな印象を与えたい方
  • 細身で高身長の方

マーメイドラインは、ナチュラルなコンセプトからゴージャスなコンセプトまで、幅広いコンセプトと相性が良い形。女性らしい魅力を演出したい方におすすめです。

スレンダーライン

スレンダーラインの形について

スレンダーラインは、すっきりとしたシルエットで、ストンとした直線的なシルエットが特徴。すっきりとコンパクトにまとまるドレスの形です。

ガーデンウェディングやリゾートウエディングなどでも、小回りが利き動きやすいので人気があります。身体のラインに沿ったシルエットなので、細身の方や高身長の方は美しく着こなせるでしょう。

「スレンダーライン」はこんな人におすすめ!
  • ナチュラルな雰囲気のドレスが着たい方
  • 動きやすいドレスが好みの方
  • 結婚式以外でもドレスを使いたい方

普段着るワンピースの感覚に近いため、比較的動きやすくロケーションフォトにも向いています。ナチュラルな雰囲気の、ガーデンウェディングやリゾートウエディングにおすすめです。

  • ブラ美

    最近では結婚式以外でも使いやすいようなデザインのウェディングドレスも増えていて、花嫁さまに人気です!

人気のネックライン・スリーブはこちら!

顔周りの印象を左右するネックラインやスリーブ(袖)。

ネックラインとはデコルテ・首回りのデザインのことで、今まで紹介してきたスカートの形とネックラインをベースにウェディングドレスを選んでいく方が多いです。

特に人気があるネックライン・スリーブは、以下の通りです。

人気のネックライン・スリーブ
  • ハート
  • ノースリーブ
  • ロングスリーブ
  • オフショルダー
  • ロールカラー

ではひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

ハート

肩ひもがなく、首周りをすっきり見せられるハートタイプ。
デコルテが大胆に露出しているので、フェイスラインをすっきりと見せることができます。

袖がなく、背中の編み上げでサイズ調整するものが多いので、どんな体形の方もぴったり着こなせるネックラインです。

ノースリーブ

袖がなく、すっきりとした印象に見せられるノースリーブ。
胸元を自然に隠せるので、胸元を隠したい方にも人気があります。

露出が控えめなので上品なイメージがあり、親世代や年配のゲストにも良い印象を与えられるでしょう。

ロングスリーブ

腕全体を覆い、露出を最小限に抑えられるロングスリーブ。
ロイヤルウェディングのような、上品でクラシカルな雰囲気を演出できます。

袖はレースになっているものが多く、腕が覆われていても華やかな印象を与えることが可能です。

オフショルダー

肩やデコルテを出しながら、二の腕をさりげなく覆ったデザインのオフショルダー。
「肌の露出に抵抗はあるけど、ネックラインをすっきり見せたい」という方におすすめです。

肩から落ちた袖が大人っぽく、親世代や年配のゲストからも人気があります。

ロールカラー

ロールカラーとは、襟を折り返したようなデザインのこと。
デザイン性が高く、王道なイメージや正統派なイメージを演出できます。

肩から二の腕を包むようなデザインなので、肩や二の腕を露出したくない方におすすめです。

2023年のトレンドは?最新の韓国トレンドをチェック

韓国風フォトウェディングも人気が上昇し続けており、実際に韓国風ウェディングフォトが撮影できるフォトスタジオも全国に展開し続けています。

韓国で大流行中の「ブラックドレス」を要チェック!

韓国で大流行しているのが、なんと黒のウェディングドレス。

明るさを抑えたような写真の加工フィルターとの相性が良く、韓国花嫁さまの間で大流行しています。

「パンツドレス」のニーズも拡大中

数年前から欧米を中心に徐々にニーズが拡大しているパンツドレス。

韓国のスタイリッシュなスタジオの雰囲気と、シックなパンツドレスの相性が抜群です✨

2022年のトレンドは「グリッタードレス」でした!

2022年は、動きに合わせてキラキラと輝く「グリッタードレス」がトレンド。

光が当たるとキラキラ輝くので、自然の光や式場のスポットライトに映えるデザインです。グリッタードレスの中にも、ドレスの形やネックラインはさまざまなものがあります。

体型やイメージに合わせて形を選び、グリッタードレスを美しく着こなしましょう。

ウェディングドレス選びで気をつけるポイント

ウェディングドレス選びで気をつけるポイントは以下の通りです。

ウェディングドレス選びで気をつけるポイント
  • コンセプトに合っているか
  • 式場の雰囲気に合っているか
  • 体型に合っているか
  • 自分が着たいと思うドレスかどうか

コンセプトや式場の雰囲気と合わせて決めると、写真映えするドレスを選ぶことができます。また、体型に合ったドレスは花嫁さんをより一層美しく見せられるでしょう。

しかし、1番大切なことは「自分が着たいと思うドレスかどうか」。
いくらコンセプトや式場の雰囲気に合っていても、自分が気に入ってなければ意味がありません。

結婚式を最高の1日にする、お気に入りの1着を選んでくださいね!

まとめ

今回は、ウェディングドレスの形とおすすめの種類を解説しました。
ウェディングドレスにはいろいろな形が存在し、そのシルエットによって与える印象もさまざま。

なりたいイメージや、式場やロケーションとの相性、体型との相性を考えてドレスを選ぶのがおすすめです。

ドレス選びで悩んだら、フリーランスのウェディングプランナーに相談してみましょう。
困ったときは、ぜひブラプラを活用してくださいね。

「思い出に残る素敵な結婚式になりますように。」
ブラプラはそんな気持ちでおふたりを応援しています!

ABOUT ME

ブラプラ編集部

「ウェディングに関する疑問や不安を少しでも解消したい! 結婚式のことで悩むカップルを減らしたい!」そんな気持ちで情報を発信しています!